カジノ・ルーレットの攻略法!

ルーレットの期待値は他のゲーム同様に
カジノ側に有利に設定されています。

記事:カジノ・ルーレットのルールと遊び方!

でも解説したが、
基本的にどのようなベットをしても
控除率が一定になるようにオッズは調整されています。

ヨーロピアンスタイルの場合は「0」の存在により
2.7% (1/37)が統計的にカジノの収益になります。

アメリカンスタイルの場合は「0」「00」の存在により
5.3% (2/38)が統計的にカジノの収益になる様に設定されています。

ですから、
どのような手法を使ったとしても原則は
カジノ側には勝てないよう設定されている前提で考えないといけません。

ですので僕は、
ルーレットに於いても他のカードゲームや競馬に於いても、
基本的に追い上げは推奨しておりません。

追い上げればいつかは勝ちを手する事が出来ますが、
その前に資金がショートする事が大いに考えられるし、

そもそも初めの小額ベットを取り戻す為のに、
巨額の追い上げをしていく事自体、本末転倒と考えます。

例えば100円ベットを取り返す為に、
2倍の追い上げを掛けたとしたら、
10回目には102400円ベットとなってしまい、

仮にそこで勝てたとしても利益は初回の100円だけと言う事が普通に起こります。

ですので、
手法によっては賭け金が膨らみ、損失が大きくなる危険性がある事を肝に銘じるべきと考えております。

又、ディーラーがボールを任意の場所に入れられるかどうか?

これにつきましても、僕は一切考慮する必要は無いと考えます。

実際のカジノに行ってみても、オンカジライブであったとしても、

ディーラーは時間通りに交代しますし、
それによっと出目が急激に変わったという体験はしたことがありません。

この様な事を考慮して、
いくつかの代表的なルーレット攻略法を解説していきます。

1..べアビック法

1~36 と0(ヨーロピアン)、0と00(アメリカン)の中から
35個の数字を選んでストレートアップベットする手法です。

94~92%の確率で勝つことが出来ますが、
35枚ベットで36枚の配当ですから、
薄利の為、一度外すと取り返せなくなります。

又、オンカジだと時間が足らなくてベット出来ません。

依って全くお勧めできません。

2.ダブルストリート5ベット法

「1~6」「7~12」「13~18」「19~24」「25~30」「31~36」

の6か所から5か所選んでダブルストリートベットする手法です。

5枚ベットで6枚の配当ですから、
これも薄利の為、
一度外した時の損失が大きく、勝ち越して行くのは至難の業

依ってこちらもお勧めできません。

3.マーチンゲール法

こちらはとっても有名な追い上げ法です。

勝負に負けた次のベットを2倍にして、勝つまでやります。

例えば100円ベットを取り返す為に、
2倍の追い上げを掛けたとしたら、
10回目には102400円ベットとなってしまい、

仮にそこで勝てたとしても利益は初回の100円だけと言う

モノです。

理論的には100%勝てる事になっていますが、

途中で資金がショートしたり、
ベットリミットに引っかかってしまうと損失は莫大になります。

僕も過去の手痛い失敗から絶対にお勧めできません。

4.フラワーベット法

1つの数字を基準にしてその周りの数字全て、
合計9か所にベットする方法。

賭けた中心の数字が当たりますと、なんと144倍の配当を獲られます。

周りの数字が当たっても、スプリット(配当18倍)コーナー(配当9倍)

のどちらかですから、
とてもおいしい様に思えますが、
当たる確率は24.3%(4回に1回)、4回中3回9ベット分を失う事になります。

こちらも1回で失う金額が大きすぎますので、僕ならやりません。

5.2カラム・2ダズン法

こちらは、アウトサイドベットの中の

カラムベット(縦1列の数字12個に賭ける。配当3倍)と

ダズンベット(1~12、13~24、25~36のどれかに賭ける。配当3倍)

この二つを掛け合わせて手法です。

 

 

確かに縦横の交わる16か所に球が来ると配当6倍。

縦か横のどちらかが当たる16か所だと配当3倍。

どちらも外れの4か所だと配当0になります。

 

これによりペイアウト率は確かに97.3%になりますが、

排除する1カラムと1ダズンの選別が明確では無く、

しかも1回で4ベットしても最高で6倍の配当ですので、

正直、美味しくありません。

僕も何度か試してみましたが全く増えず、寧ろ徐々に

目減りして行ってしまいます💦

 

実は、僕の手法はこの手法の裏をかく

『1カラム・1ダズン法』になります!

6、98.48%法(2/3ベット法)

こちらも、アウトサイドベットの中のカラムベットと
ダズンベットを利用しますが、今回は組み合わせません。

 

カラムもしくはダズンのどこか一か所に連続3回球が出現した場合、
次の4回目にその場所に球が来る確率は98.48%になりますので、
そこタイミングで他の2か所に同時にベットするやり方です。

確かにこれならばかなりの確率で勝てそうな気がしますが

問題は『逆張り手法』であるという事です。

逆張りとは流れに逆らう手法の事で、

「もうそろそろ流れが途切れる筈だ~」という前提でベットしますから、
流れに勢いがある時は手痛い損失を被ります。

僕は、バカラでこの手法を試しましたが、
ドラゴンに捕まって10連敗以上しました💦

 

ルーレットのカラムベットとダズンベットに於いても、

10連続位は起きますので、
流れ逆らうやり方で負けますとメンタルもやられますので、
僕は絶対にやりません。

しかし、カラムとダズンの出目の統計は重要な判断材料です。

 

という事で、ざ~と紹介して来ましたが、

現在僕がいい感じでルーレットで稼げているのは、

●『1カラム・1ダズン法』

● カラムとダズンの出目の統計は重要な判断材料

この2点からなるとってもシンプルな内容です。

関心のある方は先ずは、LINEの友達申請してください!

 

 

松山明 ラインID→ baccarat99

 
 

 

【募集中のコンサル紹介】ルーレットバスターシリーズ全貌公開!