ブックメーカー投資は稼げるの?僕がやらない理由とは!

皆さん!こんにちは。

少し前からブックメーカー投資は気になっていまして
ブックメーカー投資の本を読み漁たり、
沖縄でもブックメーカー投資のセミナーがありましたので、参加もしてきました。

結論から言いますと、私ならやりません!!

ルーレットの方が時間効率、資金効率共に
断然有利であると確信しました^^

 

先ず、ブックメーカー投資(スポーツベット)ですが、

その殆どが、オッズの低い試合にベットして
手堅く勝ち逃げする手法が主流であるという事です。

 

これは競馬にも繋がりますが、

オッズが低いという事は勝率は上がりますが、
利益率が非常に低くなります。

要するに投下した金額に対してのリターンが少ないという事です。

 

仮にオッズが1.5倍の試合に1000円ベットしたとして
その配当金は1500円になります。

そしてオッズが上がれば上る程、勝率が下がりますので
結局安全な試合に何度も参戦する事になります。

労力の割には非常に資金効率が悪いと考えます。

 

又、
この様な行為を繰り返すと、
キャッシュアウトが出来なくなったり、

ベットの上限金に制約が掛けられたりする
などの措置が取られる事がよく有ります。

 

これはブックメーカーは全て
「相対取引」で成り立っているからになります。

 

JRAなどの日本の公営ギャンブルは、「パリミュチュエル方式」

といって、お客の売買に合わせてオッズが変動する仕組みです。

人気の高い馬の配当は低く、人気薄の馬の配当が高くなります。

 

一方、
スポーツベットはブックメーカー側が独自にオッズを決め、
そのオッズは客の売買動向に左右されません。

つまり、
お客対ブックメーカーで賭けの勝負をしている状況です。

 

これにより、
JRAなどのパリミュチュエル方式では、
胴元は本命が勝とうが穴馬が勝とうが関係なく、
一定のテラ銭(JRAなら25%)が胴元に必ず入りますが、

相対取引の場合は、
一部の馬に人気が集中してもオッズは変わらない為
その馬が負ければ胴元は大儲けになり、その馬が勝てば胴元は大損します。

 

これはブローカー形式の証券会社とは違い
FXやBO業者と同じ形態で、反対売買を胴元(運営会社)が被ります。

ですから、
当然お客の投資動向は逐一監視されていますし、
オッズを変動できない分、
ベット制限などの措置を取って来るのは当然の事と考えられます。

後これは私の性格になりますが、
試合の時間に自分を合わせるのが非常に苦痛です。

僕がFXやらBOを辞めたのもそこが大きな理由です。

チャンスが来るまでズーと画面に張り付いて
待つことが非常に苦痛で、辞めました(笑)

一方、カジノはルーレットしても、バカラにしても
24時間いつでもベット出来ますし、
基本1プレーが数分で完結します。兎に角早いっす(笑)

スピードルーレットならば1分もかかりません。

ものの数分で数千円~数万円を一瞬で稼ぐ事が出来ますので、
これっと実はコンサルもすごくやり易く、

よって多くの人に再現性を提供出来ると感じています。

この様な理由から、私はブックメーカーはやりません!

そこで、

【募集中のコンサル紹介】ルーレットバスターシリーズ全貌公開!

 


(1カラム1ダズン法!紹介動画)

この『1カラム・1ダズン法』と言いますのが

完全なるオリジナル手法であります。

 

詳しくは、私にLINE友達申請してください!

本音のトークを致します。

 

 

松山明 ラインID→ baccarat99

 

 

 

それではご連絡お待ちしております!!